jaen
Histoire Maison Delor

メゾン・デローの歩み

1864年以来、新たな才能の発掘に取り組んでいます

1864 - La naissance d’une grande Maison

1864年 老舗メゾンの誕生

デロー社創業者、アルフォンス・デロー。ボルドー・シャルトロン地区にセラー設立

ボルドーの名士、アルフォンス・デロー:ジロンド県ワイン&スピリッツネゴシアン組合会長、ボルドー楽友協会会長、アルゼンチン共和国副領事、1895年ボルドー万国博覧会審査員、1911年レジオンドヌール勲章(騎士)受勲…

Début XXème - Une Maison liée aux Grands Crus

20世紀初頭 グラン・クリュ御用達メゾン

1894年、シャトー・ムートン・ロスシルド全収穫の取引権を獲得
1907年–1916年、シャトー・パップ・クレマン独占販売権を取得
デュルフォール・ヴィヴァンス(マルゴー/格付け2級)、ソシアンド・マレ(オー・メドック)をはじめとする有名ワイナリーを含む、全11軒のワイナリーをメドック地区に購入し運営にあたる

Années 30 - Un créateur de marques

1930年代 ブランドメーカーとして活躍

メゾン・デローは、「Bitter Aperital」や「Bordeaux Quina」など、食前酒ビジネスの主軸となって活躍
同事業で培ったノウハウを活かし、多くのブランドワインを生み出す
(「Cardinals」や「Petit Caillou」などは、弊社の手を離れても今なお愛され続けています)

Années 50 - L’apogée

1950年代 絶頂期

ボルドートップクラスの取引商社としての地位を確立
グランクリュワインならびにブランドワインを販売
ボルドー地方の生産家一族との関係強化に努める

1975 - Un nouvel élan

1975年 さらなる飛躍

メドックの出入り口、パランピュイール市に拠点を置く
当時最新鋭のセラーを建設

1997 - Le premier millésime de Delor Réserve

1997年 デロー・レゼルヴ、初ヴィンテージ

メゾン・デローのシグネチャーワイン、「Delor Réserve(デロー・レゼルヴ)」発売
メゾン・デローが誇る、上質ワインを選び抜く眼とアッサンブラージュおよび育成の技が活かされています

2007 - La force d’un groupe

2007年 グループの結束

家族経営グループ「Thiénot(ティエノ・ボルドー・シャンパーニュ)」を統合
新たな企業運営により、販売力および資金力を強化し、フランス国内外における市場拡大を図ります

本サイトのご利用は、お住まいの地域または国における成人年齢に達している方に限らせていただきます。

成人年齢に達していますか?